美しの国クラブ

歴史

 「武石村史(平成元年12月発行)」では、次のように記述されています。
 『明治43年5月20日、小沢根の豊田敬次郎氏によって開発され、400頭に及ぶ和牛・馬が放牧され大正7年頃まで利用されていました。その後は、官行造林として唐松が植栽されました。昭和47年12月、別荘開発地として227ヘクタールを伊藤忠商事株式会社に売却されることとなりました。』
 以後、道路整備、温泉ボーリング、テニスコート、遊歩道等々が整備され、641区画の別荘地を造成。昭和60年頃より大々的に販売開始、平成2年頃には641区画が完売しました。しかしながら、その後の経済情勢の成り行きが災いし、別荘地に家屋が建設された数は310戸(平成22年3月現在)に留まっています。


全体図

 オレンジ色の部分と緑色の部分を合せた地域が「美しの国」別荘地です。
 実際に別荘地として開発されているのはオレンジ色の部分で、緑色の部分は保存緑地として山林のまま保存されています。
 別荘地を造成することによる自然破壊を最小限に抑え、自然環境を維持することを非常に気を遣って造られています。


管理体制

別荘地はアイ・ピー管理株式会社(伊藤忠商事(株)100%出資)が管理しています。
クラブハウスはオーナーの憩いと交流の場で、様々なイベントなどもここで開催されます。
中には管理事務所もあり職員が昼夜常駐して別荘地の管理やオーナーへのサービスを行っています。

クラブハウス